スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


平和島 笹川賞 優勝戦 反省

井口、優勝おめでとう!

正直、スタートから1Mまでハズした・・・と。憲吾がヘコむ展開はまったく予想していなかっただけに、唯一、憲吾が潰れるだろうと買った3-4=5しかカバーできない状況も、完全に佐々木と白井の艇が合わさってる姿を見て白井もダメだ・・・と、そんな瞬間に絶妙な遅れ差しで白色がくるもんだから競艇は面白い。あの展開で、憲吾が二着に来るってかなりの奇跡ですよ。

そして、白井と井口はまさに展開のアヤ。憲吾の出遅れ以外はすべて想定内。憲吾が佐々木と同じ15でスタートを切っていたら・・・これは白井最強も同じ気持ちだったんじゃないかと。唯一の誤算が致命的な展開になってしまうんだから、白井はつくづく運がない。逆に井口が勝つ可能性はあると思っていたものの、一番懸念していたのは・・・白井が握ってタナシンが差した時に佐々木が邪魔になって差せる場所があるのかな?ってことだったんだけど、それが憲吾の出遅れのおかげで佐々木が差しにいかなくなったことで最大の難関だった差し場がポッカリ井口のために開いちゃうんだから。

憲吾の出遅れで優勝が逃げていった白井最強と、憲吾の出遅れで優勝をつかんだ井口。そして、憲吾の出遅れから奇跡の遅れ差しで生き返った自分と、久々にドラマを感じた優勝戦でした。勝負の世界は、ギャンブルも含めてやっぱり理屈を超えた運が必要だし、運を呼び込むための努力も必要。ってことで、次回芦屋に向けてコツコツと修行します。


スポンサーサイト

福岡 賞金王決定戦 最終日 反省

ゲンコウさん、優勝おめでとう!

見事に湯川、井口の銀河系同士でやりあいましたね。
湯川としても、捲くり差しで差し抜けるためには、少しでも早く!とハンドルを井口に寄せたい気持ちは分かりますが・・・いかんせん、あそこで引いたら、それで終わりの井口があっさりひくわけもなく・・・。

福岡での初めて開催された賞金王決定戦ですが、当たり前ですが住之江と違った雰囲気が新鮮でもありました。住之江の景色が年末の競艇風物詩になっていますが、
たまには、各地で開催されるのも良いものですね。

来年は、少しでも競艇をできるペースを取り戻したいですね。
ぼちぼち更新ですが、来年もよろしくお願いします!


蒲郡 MB記念 最終日 反省

赤岩がSG優勝戦に乗ったら常に心中を決めている自分としては、かすかな希望を持って望んだ優勝戦ですが・・・魚ちゃんのSG二連勝で幕を閉じました。優木まおみさんが、オーシャンで花束を渡せなかったけど、早くも渡せて嬉しいですと言ってましたが、自分もオーシャンでは「おめでとう!」と言ってなかったので早くも言えて嬉しいです。

魚ちゃん、優勝おめでとう!

mb2007.jpg

自分的には前日TVでの選手紹介でSG優勝回数が1回じゃなくって、賞金王シリーズと表記されててガックリで、ここで勝って赤岩が伝説をつくる!と願ってましたが・・・まったく伝説ならずでしたが、すでにオーシャンのタッチスタートで伝説化してる魚ちゃんがSG二連勝をしたことで、西島以来のSG三連勝を目指して平和島ダービーに挑む伝説の魚谷最強伝説の始まり&最速のウイニングランを生で見れたのは良かったです。

赤岩が優勝戦に乗ったということで優勝戦だけは、なんとか見に行こうと思ってたのですが、丁度ラリクラさんからもお誘いをうけまして、久々に蒲郡に行って来ました。現場にはさすが東海競艇ブロガーの雄。竜鯱さんもいらっしゃって久々のご対面で楽しかったです。特にラリクラさんにはムーライトエンジェルの解説を受けながら大名行列も見れて現場にいった甲斐がありました。ありがとうございました!あと、優木まおみさんを初めて生で見ました。思わず、優木まおみ杯に行きたくなりました。


戸田 グランドチャンピオン決定戦 最終日 反省

湯川、優勝おめでとう!

まあ、これで勝てなかったらもう勝てないんじゃないの?って感じでしたけど、しっかり勝ちましたね。自分は、智也のピット離れの時点でアウト。6コースから勝つとしたら捲くるしかないなと思ってた訳ですが・・・進入を見ると湯川、松井は余裕の進入に、ただでさえ行き足が良いのでね・・・。まあ、でも散々調子悪かった舟券の方も智也のリズムアップとともに上向かせてくれたんで、すっきりあきらめて納得です。次のSGは超地元ですが・・・地元の意地を見せたいですね!


戸田 グランドチャンピオン決定戦 5日目 反省

湯川浩司

泣いても笑っても明日は優勝戦!

12R 優勝戦

1 湯川浩司
2 山崎智也
3 松井繁
4 平石和男
5 鳥飼眞
6 西村勝

流れ的には節一モーターを味方に去年の平和島優勝戦以来の1号艇でSG優勝戦に乗る湯川浩司ですね。準優で平石が負けるところに運も感じるしまともにいけば優勝候補と言わざる得ないです。しかし、湯川のイン戦を信じて良いのか?今からよくよく考えてみます。

あとは、参加してるK-BATTLEでは・・・

優勝戦 (敬称略)

1号艇 競艇徒然日記
2号艇 招き犬
3号艇 ノッティ
4号艇 メッカの巧者
5号艇 ラリーズクラブ
6号艇 けんじ

なんと、1号艇ゲット。去年の戸田笹川で優勝できたので何とか好相性の戸田で気持ちよく勝ちたいですね。まあ、湯川なみにドカ遅れする可能性大ですけどね・・・。


戸田 グランドチャンピオン決定戦 3日目 反省

吉田弘文

早くも明日は勝負駆け。

湯川の連勝は止まったものの、それでも湯川はこのままシリーズリーダーとして引っ張っていきそう。自分として、思った以上に成績がついてこないのが飯島と吉田。もっと上位に来てもおかしくないと思うのだけれど、あとちょっとが乗り切れてない感じ。勝負駆けの明日こそ、その後一歩を乗り越えてくるんじゃないかということで、狙っていこうかと。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。